神棚・地の神・恵比寿宮


お祀りした神様に祈りを捧げ、家内安全など神様からのご加護をお願いするために設えます。

神棚は、『天照大御神(あまてらすおおみかみ)が、父である伊邪那岐命(いざなぎのみこと)から

授かった宝物を、棚にお祀りした。』ということから由来しています。

 

【神棚をお祭りする場所】

家族がお参りしやすい場所、南向き又は東向きが望ましい。

 

【お札のおさめ方】(下図:神殿)

中央:伊勢神宮のお札

右 :氏神様のお札

左 :その他の信仰する神社のお札

稲荷様、荒神様のお札は別にお祀りするのが望ましい。

 

【お供え】(下図:1 〜 9 )

お供えは、図のものが基本です。祭事には、このほかに魚・野菜・果物・乾物を供えます。

ねぎ、にんにくなどの臭いの強いものは避けます。

仏壇 浜北 ぬしや 霊璽(れいじ)と祖霊舎(それいしゃ) 祀り方 神殿 神棚 置き方
 国産ひのきのおはなし・・・
仏壇 浜北 ぬしや ひのきの力 国産ひのき

ひとくちに「国産ひのき」といっても、いろいろな種類があります。

木曽ひのき・東濃ひのき・吉野ひのき・紀州ひのき・土佐ひのき・・・

ちょっとご紹介します。

1.「木曽ひのき」

木曽に自生する天然木で、樹齢が300年を超えるものをいいます。

「尾州ひのき」ともいいます。国有林より産出されるので、官材とも呼ばれています。伊勢神宮の御用材として指定されており、木肌は滑らかで、香気と光沢に富み、美しい表面に仕上がります。加工の際には狂いが少なく、高い強度、耐久性を誇ります。

2.「東濃ひのき」

裏木曽の岐阜県東濃地方で産出されます。樹齢は80年を超えます。

淡いピンク色の木肌は、時間と共に光沢を増していきます。

粘り、強度とも申し分なく、木曽桧に勝るとも劣らない高級材としての品質です。

木曽ひのき(尾州ひのき)や東濃ひのきは、生育が遅く長い年月をかけて育ちます。そのため年輪の幅が細かくつんで、木目がより緻密になります。これが天然の桧の証であり、造林材との違いです。木肌は滑らかで、香気と光沢に富み、美しい表面に仕上がります。加工の際には狂いが少なく、高い強度、耐久性を誇ります。

3.「ひのき」は、植林され樹齢50~60年で産出

成育が早く樹齢が比較的低いので、目が粗いのですが、手ごろな価格が魅力です。


仏壇 浜北 ぬしや 霊璽(れいじ)と祖霊舎(それいしゃ)地の神様
仏壇 浜北 ぬしや 霊璽(れいじ)と祖霊舎(それいしゃ)地の神様

あめつちにかえるように桧で製作していますが、ご希望であれば屋根にトタンをおつけします。

お社をかえるときには、前のお社と少なくとも同じ大きさか、少し大きいものを・・・といわれます。各サイズ取り揃えております。(今のお社のサイズを測っていただけると決めやすいです。)

ご希望のサイズがありましたら、お作りすることもできます。

大 5400円(高○○×屋根の最大巾○○)

中 4320円(高○○×屋根の最大巾○○)

小 3500円(高○○×屋根の最大巾○○)